デパスが通販・個人輸入で買えない!代わりは何がおすすめなのか

デパスが通販・個人輸入で購入出来なくなり困っている方は多いと思います。

 

デパス精神安定剤、抗不安薬として知名度の高いお薬でよく処方されます。

 

 

デパスは過去には個人輸入で購入をすることができましたが、現在は「麻薬及び向精神薬」に指定されているため、薬局などで購入することはもちろん、個人輸入でも取り扱いが禁止となっています。

 

  • 病院に行くのは毎回面倒だな。。
  • 薬局で買いたいけど売ってない、、他の薬って何だろう?
  • 定期的に飲んでいるからネットで簡単に買いたいんだけどな。

 

という方はデパス以外の選択肢を考えみてはいかがでしょうか。

 

当サイトではデパスがネットで購入出来なくて困っている方へ代わりの薬を紹介しています。

 

当サイトでは安心な個人輸入業者さんを紹介しています。
処方箋が無くても購入出来ますので病院へ行く煩わしさから解放されます。

 

メーカー正規品保証がついていますので安心してご購入下さい。

 

デパスに似た薬は何がある?

 

ではデパスに似たお薬をご紹介します。

 

ルネスタは超短期型の睡眠薬です。なかなか寝つくことができない、寝てもすぐに目覚めてしまうといった睡眠障害に効果があります。

 

バスピンはバスパーのジェネリック薬品であり、不安症状やうつ病の症状を緩和させる効果があります。

 

ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果があるので、バスピンもバスパージェネリックもほぼ同じ効果があると考えて良いですが、生産国や値段などが異なります。

 

デパスの代替え薬

 

デパスの代わりとなるお薬をご紹介します。

 

 

 

 

>>バスピン(バスパージェネリック)

 

バスピンはバスパーのジェネリックのお薬です。
ブスピロンが主成分で非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬として効果があります。

 

うつや不眠の症状を和らげる作用があります。

 

 

>>バスポン(バスパージェネリック)

 

バスポンもバスパーのジェネリックです。コストはバスポンよりバスピンの方が1錠当たりの値段が安いです。

 

主成分がブスピロンで非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬となります。

 

 

 

 

>>フルナイト(ルネスタのジェネリック)

 

デパスは睡眠薬として服用している方も多いでしょう。

 

フルナイトはルネスタのジェネリックで睡眠薬として効果があり、デパスの代替えとしてフルナイトも人気です。

 

ルネスタはアモバンを改良していて、フルナイトはルネスタと同じ成分なのでエスゾピクロン配合です。アモバンの苦みを軽減し、持続時間も長くしています。

 

デパスの効果、作用、成分について

 

 

デパスの有効成分は、エチゾラムという物質で興奮を抑え精神を安定させる働きがあります。

 

すぐに効くことで有名な薬ですが、その安全性が高いことでも人気があります。

 

多くの精神安定剤は強い離脱症状を引き起こすことが多いですが、こちらの薬には強い離脱症状はみられることがありません。

 

まれに、ふらつきや脱力感などを感じる方がいますがごく軽く済む方が多いです。

 

デパスの効果は、抗うつ効果、抗不安効果、睡眠導入効果があります。

 

飲むことによって気分が穏やかになり、眠気が引き起こされ筋肉が緩むことで心身ともにリラックスすることができます。

 

個人差はありますが、飲み始めて30分から1時間ぐらいで効果を感じることができます。

 

睡眠導入作用があるので、運転や危険な作業をする前に飲むことは避けた方が良いです。

 

効果は、3時間から5時間ほど持続することができます。

 

それ以降は徐々に効果が薄れていき、6時間ほどで血中濃度が半分になりますので安心です。

 

適切な用法用量を守ることができれば、朝の眠気やだるさといった日常生活に支障をきたすことが無い薬です。

 

デパスの副作用と飲み方について

 

デパスは、成人であれば1日3rまで服用することができます。デパスには、エチゾラムという成分が入っており特に抗不安作用に優れています。

 

服用の仕方は、うつ病や精神病であれば3rを1日3回に分けての服用をします。

 

不安神経症であれば、0.5rを1日2回服用します。パニックアタックや睡眠障害などは、一度に飲む量が決まっていますが期間も決められていますのでそれを超えないように飲まなければいけません。

 

初めは、数週間から2週間程度の試用期間を設けるのも自分に合っているかの判断をする上で大切なことと言えます。

 

症状によっては、量を増やしたり調整することが可能になります。また、高齢者の方であると1日1.5rの量までとなっています。

 

これは、高齢者だと効果が強く出すぎるためふらつきなどの症状が若い方より出やすいため量が少なく制限されています。

 

転倒などをふせぐためにも注意が必要です。

 

また、デパスの副作用は用法用量を守ればほとんど出ない薬でもあります。しかし、大量に飲んでしまうと依存症や不眠となった症状が出るため量はきちんと守って飲むことが必要です。

 

自分の判断で服用をやめてしまうと副作用が出てしまうこともあるため、正しい服用法を守らなければいけません。

 

デパスの作用時間と半減期

 

デパスは短時間作用型といわれています。

 

服用後、早い人は約30分で効果が現れ始め、遅くとも1時間も経過すれば効いてきます。薬の効果を実感できる作用時間は血中濃度によって決まりますので、薬の成分を分解するスピードが速い体質の人は効果が持続する時間も短くなり、個人によって差がありますが、多くの場合はデパスの最大血中濃度は約3時間で達するとされ、約6時間で半減期を迎えます。

 

つまり、効果が出るまでに約1時間かかり、約3時間でピークを迎え、約6時間後には効果を感じられなくなるということなので、効果が期待できる時間は服用してから約1時間から5時間ということになります。

 

一度飲めば一日中効果があるといった薬ではないので、事前に自身の薬の作用時間を把握し服用するタイミングを調整すれば、より一層効果的に利用できます。
例えば、不眠症対策として使用する場合には、ベッドに入る約1時間前に服用すれば、睡眠導入剤としての力を十分に発揮できるでしょうし、起床後に薬の効果が残ることもありません。

 

また、短い時間に限った緊張緩和として使用する場合には、イベントの2時間前には服用しておくなどして、効果を実感した状態でその時に臨むことが可能です。

 

このように、デパスのメリットは早く効いて早く体から抜けること。薬による倦怠感や副作用の起こりにくい負担の軽い薬と言えます。

 

 

デパス ODの症状と依存性について

 

デパスの有効成分のエチゾラムです。

 

エチゾラムは即効性には優れていますが多量に飲んだり長期間飲み続けてしまうと薬に身体が慣れてしまい耐性が生じてしまうことがあります。

 

耐性が生じると処方された量では効きにくく多目に飲んでしまう過量服薬、いわゆるODの症状があらわれます。

 

ODをしいつもより多目に飲んでしまい効き目があるうちには安定しており元気なことも多いのですが時間がたち薬の効果が薄れるととてつもない不安に襲われるようになり薬がなくてはいられないという依存症の症状をひきおこすことがあります。

 

依存症になると薬がなくては落ち着かないといった精神的な部分に加えめまいや痺れ、頭痛や発汗といった身体的な症状も実際にあらわれることがあり益々不安になり薬を飲んでしまい、効かないと困るので更に量を増やしていくといった悪循環な状態に陥ることも少なくはありません。

 

デパスは筋肉の緊張を和らげたり催眠作用があるので飲み続けていると筋弛緩作用や催眠作用などでふらついたり眠気や物忘れといった症状が出ることもあるので多量に飲んだり長期間飲み続ける時には注意が必要です。

 

ODを防ぐには家族に薬を管理してもらったり受診間隔を短くして手元に薬を置かない等の予防法で防ぐこともできます。

 

デパス依存症にならないために気を付ける事とは

 

デパスは同類の他の薬と比べると依存性の低い薬ではありますが、まったくないわけではありません。

 

デパス依存になると不安や不眠、あるいは幻覚やけいれんといった症状を引き起こすことがあります。

 

そうならないためには、何よりも用法用量を守って使用することが重要です。

 

薬の効果が薄れてくると、つい用量以上を服用したり、十分な時間を空けずに飲んでしまったりしてしまう人はいませんか。

 

効き目が感じられないからといって定められている以上に薬を摂取すると、身体には徐々に耐性ができてしまいます。

 

つまり身体が薬に慣れてしまい、どんどん効果が出にくくなってしまうのです。そうなるとますます薬を飲む量が増えてしまい、依存を加速させることになります。その状態で突然薬の量を急激に減らしたり、飲まなくなったりしてしまうと、前述のような症状を引き起こしかねません。

 

服用量を調整したいときには、徐々に減らしていくようにしましょう。

 

また過剰摂取は身体のだるさやめまいといった副作用をもたらすこともあります。

 

決められた用法・用量を守って服薬すれば、エチレール依存を避けられるだけでなく身体への不必要な負担を減らすことにもつながります。