バスピンの効果、作用、成分について

バスピンは抗不安薬のバスパーのジェネリックでインドの製薬会社の製品です。入眠障害や不安障害、うつ病改善などの効果があります。理由がないのに不安を感じる、焦りや緊張を感じてしまうという方におすすめです。デパスの代替え薬としても用いられています。塩酸ブスピロンが脳内のセロトニンに作用することでセロトニン濃度を上げてくれます。ブスピロンは抗うつ作用に関連する受容体のみに作用します。

 

不安性障害の全般に緩やかに効果をもたらすので、依存症を起こさないところがメリットです。脳内の神経伝達物質に作用して心配や不安を減らすことができ、不安を和らげるだけでなくドーパミンなどの気分を明るくしてくれる物質も分泌して症状を改善してくれます。効果がみられるのは服用してから1、2週間後と遅めですが副作用が少なく安全性が高いサプリとして人気があります。

 

1日の最大服用量は60ミリグラム、最初は15ミリグラムを上限に1日3回に分けて服用します。眠気、無気力、頭痛、立ちくらみなどを感じたら服用を見合わせて下さい。日常生活で落ち着かない、眠れない、集中できないといった症状がみられる方におすすめです。デパスの代わりに購入している人が多く、価格も安いので人気があります。